気になるその柄、綺麗に消すタトゥー除去

素肌.com

綺麗な素肌を取り戻したいあなたへ

背中

まるで生まれ変わり

これまで後悔の念に押しつぶされそうだったタトゥーがなくなることで、その後悔はまっさらになります。得られるメリット、それは生まれ変わりの鍵かもしれません。

READ MORE

除去法のいろいろ

レーザー治療

墨の量が少ないタトゥーに有効的とされているのがこちらのレーザー治療。その仕組みはしみ消しと同じで、メラニン色素のように墨に対しても反応するレーザーが焼ききるというイメージが一番ぴったりです。元の色よりも格段薄くなるでしょう。
ただ、術中には痛みが生じるので、広範囲にわたるタトゥーには不向きです。福岡でクリニックを探すときは、いくつかを候補に挙げて比べてみましょう。

切除法

ワンポイントなど、範囲の小さなタトゥーには切除法を選びましょう。術中には麻酔が打たれるので大きな痛みを感じることはありませんが、切除できる皮膚の面積は限られているので、この術法が適する人はそこまで多くないといえるでしょう。
箇所にもよりますが、腕の場合だとだいたい2~3センチほどのタトゥーに有効的です。

削皮法

名前を聞くだけで痛そうな、この施術が最も薄くなることを期待できそうなもの。皮膚の表面を削ることから墨の色をできる限り取り除けるでしょう。人間の自然治癒力によって徐々に皮膚も回復していきます。
しかし、担当する医師によって仕上がりには差があり、回復までに数ヶ月要したりミミズ腫れのようなケロイド状になることもあります。検討するときには症例写真も見ながら決めることをおすすめします。

タトゥーに悩んでいる人の背中を押すQ&A

過去に大金かけて入れましたが、やはり後悔・・消すときも痛みがありますか。

最近ではレーザーを用いた除去法が主流になっています。レーザー治療は実質皮膚を焼いているようなものなので施術中にはかなりの痛みが伴いますが、局所麻酔を用いる手術ならさほど痛みは感じません。

除去法をしたら完全に消すことは可能ですか。

完全にタトゥーを消すことはできません。しかし、極端な部分まで薄くすることは可能です。今よりもかなり目立たないレベルに持っていけるでしょう。もともと入っている墨の量によっても異なるのでまずは相談することです。

皮膚を削り取る方法もあると聞いたのですが、それだと完全に消せるのでは?

削皮と呼ばれる術法で、タトゥーのある箇所を削り取るやり方になります。あまりにも深く皮膚を削ると傷跡が深くなりやすく、感染症の危険性も高まるので薄くしか削れないのが現状ですが、レーザーと組み合わせて効果を高めることが可能です。

除去法を何度も続けると、その分効果は高まりますか。

いえ、逆に効果は薄まります。その為、タトゥー除去は一度で済ませると考えた方が正しいです。その理由は、除去によるやけどの跡が墨の上に重なって、レーザーが皮膚内部まで届かなくなることにあります。

やはりタトゥー除去をするのは怖いです。それ位なら残した方がいいとまで思えます。

痛みを伴う術法があるのも事実です。しかし、どこかで後悔する瞬間があったから除去のことを考えたのでは。一人一人に適した術法を紹介するところはたくさんあります。この先後悔を背負うままか、今で山を乗り越えるか、それは本人次第ですよ。

タトゥーを除去したいと思ったきっかけ

子どもと海やプールに出かけたとき

公共の場ではタトゥーが入っている人の入泉や海水浴が制限されることがあります。そんな場で一緒に遊べないことに辛さを感じる人も。

今となっては意味のないメッセージ

昔、付き合っていた人とお揃いでタトゥーを入れた人も少なくないはず。その人と別れた今、そのメッセージに何の思い入れもないのに、残されていることに不快感。

ファッション感覚が間違い

特に意味もなく、流行っているからという理由だけでタトゥーを入れるのは避けたいところ。ワンポイントとは言ってもそれは生涯残るものになりますよ。

隠すことに罪悪感

タトゥーに対する社会からの価値観で、公の場では隠さざるを得ないことになります。入れる箇所によっては夏でも長袖で過ごすことに。人によってはそれが罪悪感になることもありますね。

結婚の挨拶をするとき

自分のことだけを考えて入れたタトゥーも、家族になる人がいると気になるもの。隠すのは気がひけると除去を決意する人も多いです。

無料カウンセリングへ

タトゥー除去を行なっているクリニックでは、最初から施術を受けると決めずともカウンセリングで相談を承ってくれます。予算と相談することも大事ですが、実際に受けてみて得られる痛みや効果、アフターケアのことを尋ねてみると新たな考えが生まれるかもしれません。

広告募集中